読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちりゅろぐ

散歩の記録

#122 香林坊 Part3

f:id:isshoku:20120930121223j:plain

大藪小路の突き当り。なんだか趣のある古そうな小道です。

f:id:isshoku:20120930123329j:plain

通り抜けると長町に出てきました。
ここに流れている川も用水で、大野庄用水と呼ばれています。
暗渠にしていない代わりに異様に橋が多い。 

 

f:id:isshoku:20120930123316j:plain

前田土佐守家資料館があります。
前田土佐守家は、前田利家の次男である前田利政から始まる分家筋です。
関ヶ原の戦いで、長男の利長(加賀)は東軍、次男の利政(能登)は西軍に付いたため、
戦後利政は能登の所領を没収され隠棲することになりました。
利政はあんまり家康が好きじゃなかったようですが、
兄弟で違う陣営なのは前田家を残すための策だったという見方もできるようです。
ちなみに子孫は加賀藩の家老として代々続きました。 

残念ながら中の写真は撮れません。

 

f:id:isshoku:20120930123406j:plain

向かいに銅像。

f:id:isshoku:20120930123413j:plain

バレーボールですね。ここは長町小学校の跡地だったようです。

 

f:id:isshoku:20120930124244j:plain

金沢市老舗記念館にやってきました。何が老舗なのかよくわかってませんでしたが、
中屋という金沢では老舗の薬屋さんの建物を移築したものだそうです。
ちなみに中屋彦十郎薬舗は今も存在しています。 

f:id:isshoku:20120930124257j:plain

越後屋とかが反物を売っていたような、ああいう感じの店構えですね。
ここの戸を開けて多くのお客さんを相手していたのでしょう。

f:id:isshoku:20120930123540j:plain

 これは割と最近のチラシみたい。

f:id:isshoku:20120930123758j:plain

2階では金沢老舗百年会なるものの展示が。
100年以上続く店の企画展をやっていました。
ちょっとだけご紹介。 

f:id:isshoku:20120930123838j:plain

f:id:isshoku:20120930123855j:plain

1974年の国鉄のディスカバー・ジャパンですね。

f:id:isshoku:20120930123943j:plain

こちらは柿木畠のときにも紹介したうつのみや。かつては宇都宮書店でした。
官報を最初から一貫してプッシュしていることが自慢。

 

f:id:isshoku:20120930124424j:plain

よく見たらこれ、花咲くいろは
ちょうどこの絵は背景が長町武家屋敷になっているので、ぴったりですね。 

 

さて、香林坊に戻ってきました。KOHRINBO109の横の植え込みにこんなものが。

f:id:isshoku:20120930124744j:plain

f:id:isshoku:20120930124753j:plain

香林坊交差点はちょうど鞍月用水を超える場所にあるので、
さりげなく橋が架かっているんですね。 


大きな地図で見る

広告を非表示にする