読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちりゅろぐ

散歩の記録

#126 小浜 Part2

小浜市役所から一番町のほうへ進んでいきます。

 

f:id:isshoku:20121027121214j:plain

本当にすぐそこにありました。

 

f:id:isshoku:20121027121230j:plain

なんだかドラッグストア臭がします。

 

f:id:isshoku:20121027121626j:plain

小浜信用金庫、通称はましん。
なかなか大きな建物でした。

 

さて、小浜NTT前。

f:id:isshoku:20121027121951j:plain 

雲城水と書かれています。奥にあるのは水天宮。

f:id:isshoku:20121027121930j:plain

f:id:isshoku:20121027122110j:plain

平成の名水百選にも選ばれている水が、なかなか勢いよく出てきます。

f:id:isshoku:20121027122006j:plain

浅利又七郎の看板が立っています。小野派一刀流の家元だそうです。
姪の主人は北辰一刀流の創始者である千葉周作
後を継がせようとしたら独立されたでござる!

こんなにきれいな水が出るというのに、

f:id:isshoku:20121027122207j:plain

なんとすぐそこは海。

 

f:id:isshoku:20121027123213j:plain

急に細くなる道を進むと、小浜神社。
ここはかつて小浜城の本丸だった場所です。 

f:id:isshoku:20121027123305j:plain

f:id:isshoku:20121027123315j:plain

小浜城は雲浜城とも呼ばれ、日本有数の水城でした。
川と海が周囲を囲んでいるんですね。
今は周囲も破却され、埋め立ても進んだので往時の面影はありません。 

f:id:isshoku:20121027123346j:plain

節操なさすぎるでしょ……

 

f:id:isshoku:20121027123601j:plain

破却されてはいますが、石垣だけは立派に残っていますし、
天守閣のあった場所にも登れます。

f:id:isshoku:20121027123643j:plain

まあ、ただの広場なんですが、意外と見晴らしが良くて小浜市街を一望できる感じです。
たいして期待してなかったんですけど、よかったですよ。

f:id:isshoku:20121027123822j:plain

本丸を出たら、そこはもう民家。

 

f:id:isshoku:20121027124312j:plain

周囲に天理教の施設がありませんでした。
どうやら引っ越ししてるようです。 

 

f:id:isshoku:20121030210423p:plain

広告を非表示にする