ちりゅろぐ

散歩の記録

#132 兼六園 Part3

f:id:isshoku:20121209123719j:plain

らせん状に坂を上る小山があります。

f:id:isshoku:20121209123629j:plain

なるほど、栄螺に見立ててるんですね。

 

f:id:isshoku:20121209123921j:plain

f:id:isshoku:20121209123932j:plain

こちらは時雨亭という名前の茶室。
時間帯によってはお茶も飲めます。 

f:id:isshoku:20121209124045j:plain

茶室から庭を眺めることもできます。

f:id:isshoku:20121209124100j:plain

中はだいぶきれいにリニューアルされてるっぽい?

f:id:isshoku:20121209124114j:plain

うさぎ……なのかなこれ。

 

f:id:isshoku:20121209124415j:plain

こちらは瓢池。瓢箪の形をしているらしいんですが、全然そうは見えません。

昔は蓮池と呼ばれてたようです。蓮池門(れんちもん)という門の名前に残っています。

f:id:isshoku:20121209124527j:plain

なんと滝もあります。

 

f:id:isshoku:20121209124611j:plain

その横にあるのは夕顔亭。こちらも茶室。

f:id:isshoku:20121209124621j:plain

夕顔というのは瓢箪の事です。
確かに今もユウガオはウリ科の植物。 

 

f:id:isshoku:20121209124724j:plain

黄門橋。英語にするとゴールデンゲートブリッジ。

 

f:id:isshoku:20121209124832j:plain

日本庭園に噴水があることも珍しいようです。
どうやら日本最古レベルのものだとか。

霞ヶ池からの高低差で噴水を実現してるそうですよ。

 

兼六園、春は梅林や桜も見物だそうです。
冬は雪や風が吹きすさぶので、正直おすすめしません。

広告を非表示にする