ちりゅろぐ

散歩の記録

#144 渋谷道玄坂 Part2

f:id:isshoku:20130316145121j:plain

松濤から円山町を経由して、道玄坂に抜けていきましょう。松濤は現在道路工事中でした。

 f:id:isshoku:20130316145307j:plain

ルテシアってフランスのことみたいですね。
どうしてラブホテルというのは地名を付けたりするのでしょうか。

f:id:isshoku:20130316145321j:plain

小さな行き止まりの路地。その先には再開発から取り残されたかのような家屋が。

 

f:id:isshoku:20130316145530j:plain

元祖老舗とか言われても営業してないんじゃあ……

 

円山町・道玄坂界隈は、ライブハウスとラブホテルがやたら多い町です。

f:id:isshoku:20130316145704j:plain

道路も狭く、駐車場もろくにありません。
そんな中で駐車場の位置を電柱に掲示してくれるのは、
宣伝といえどもありがたいでしょう。

f:id:isshoku:20130316145553j:plain

なんだろうその妖怪みたいな名前……

 

f:id:isshoku:20130316145918j:plain

ここが噂のO-Eastです。一度桃井はるこのライブに行きました。

f:id:isshoku:20130316145925j:plain

club asiaもあります。

f:id:isshoku:20130316150014j:plain

EastがあればWestもあります。

f:id:isshoku:20130316150025j:plain

よくO-nestとかも言いますけど、ここみたいです。

確かO-Crestもあったよね?

f:id:isshoku:20130316150200j:plain

このグレーチング、なんだか怖い。

 

飲み屋とライブハウスとラブホテルを通り抜けると、道玄坂上にやってきます。

f:id:isshoku:20130316150412j:plain

東京都でよくみられる坂の案内です。

f:id:isshoku:20130316150419j:plain

大和田太郎道玄説と、道玄庵説の2つがあるようです。

f:id:isshoku:20130316150431j:plain

こちらの碑文では、大和田太郎道玄が道玄庵を開いたことになってます。

f:id:isshoku:20130316150509j:plain

それはそうと、いったい誰を供養するんだろう……

 

f:id:isshoku:20130316150447j:plain

歌碑がありました。

f:id:isshoku:20130316150456j:plain

元祖ブラコンとして知られる与謝野晶子の短歌だそうです。
渋谷に住んでいたんですね。

 

f:id:isshoku:20130316150557j:plain

意外なことにどうげん「さか」でした。

f:id:isshoku:20130316150632j:plain

この何の変哲もない電灯も、

f:id:isshoku:20130316150641j:plain

しっかりと名前が書いてあります。

 

f:id:isshoku:20130316150739j:plain

ナショナルショップってところがにくいですね。
もうナショナルも見ることがなくなりました。

f:id:isshoku:20130316150808j:plain

ところでこれらの建物はそうとう古いんでしょうね。
剥離して通行人に怪我させたりしないように、ネットが張られています。

f:id:isshoku:20130316150813j:plain

こういう建築を「看板建築」と言うそうです。

 

f:id:isshoku:20130316151036j:plain

そういうのいいから。HKT48はもっと地元の知名度を上げよう。

 

f:id:isshoku:20130316151325j:plain

どうして沼津がこの並びにあるのか謎です。
なお、沼津店と目黒店は現存していないことを確認しています。

 

f:id:isshoku:20130316154303j:plain

ちょっと気になる。

 

f:id:isshoku:20130316154842j:plain

東横線と副都心線の直通を描いたイラスト。
わざとチューリップみたいにしてるんですね。