読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちりゅろぐ

散歩の記録

#151 新小平 Part5

まあ、小平といえばこの施設も外せないのでやってきました。

f:id:isshoku:20130525154230j:plain

好き好んで触れ合いたい人はあんまりいない気がします。

 f:id:isshoku:20130525154246j:plain

面白いのは、下水道の施設がなぜか上水本町にあるという事実。

f:id:isshoku:20130525154259j:plain

なんで90°曲がってるのかよくわからない。これ回転するのかな?

 

f:id:isshoku:20130525154401j:plain

東京都の下水道施設はやたらとレンガ舗装されていることが多いのですが、

f:id:isshoku:20130525154408j:plain

それは下水処理場の汚泥からレンガを作っているからなんですね。

下水の汚泥からは肥料とかも作ってたりするけど、
コストがかかりすぎるのもあり、高くて売れないとかいう話。

 

f:id:isshoku:20130525154420j:plain

これはなんだろうと思ったら、

f:id:isshoku:20130525154427j:plain

シールドマシンでした。

 

f:id:isshoku:20130525154439j:plain

さて、施設内に入っていきましょう。撮影は自由だそうです。

f:id:isshoku:20130525154533j:plain

小平は武蔵野台地の端っこにあることがわかりますね。

f:id:isshoku:20130525154606j:plain

意外と面白いのは、この地の地層が階段を下りる過程で見れること。
下水道とはなんの関係もないけど、どれだけ潜れば関東ローム層なのかとか勉強になる。

 

f:id:isshoku:20130525154948j:plain

一番下のフロア。ものものしい防臭扉を開けると、そこはもう下水道。

f:id:isshoku:20130525155046j:plain

体験コーナー。下水の臭いが漂ってきた。

f:id:isshoku:20130525155103j:plain

まさか下水管の本管に飛び出すとは思わなかったね。衝撃だよね。

 

f:id:isshoku:20130525155355j:plain

おそらく地下のあの部屋に臭気を閉じ込めるため、館内の気圧を高めているのでしょう。

でも、正直下水の臭い大したことなかったよ?

広告を非表示にする